使える英語の必要性

自習室

「使える英語」が必要とされる今日、実践的な英語を習得する方法として、「英会話」スクールに通う人が増えています。コミュニケーション手段としての生きた英語を習得できる場所として、「英会話スクール」は最も注目を集めているのです。 このような中、数多くの英会話スクールが開校されています。次々と新しいコースができ、様々なニーズに対応するための工夫が行なわれています。「英会話」スクールでは、コミュニケーション能力が必要とされます。多くの方が苦手だと考える能力を養うのには、最適な学習スタイルといえます。「英会話」スクールでの学習を効率的に行なうためには、多くの英語をインプットしておく必要があります。いくら本に書かれている文章を暗記しても、自分の言いたいことでなければ、アウトプットを行なうことは困難です。スクールでのレッスンをより実りあるものにするためには、数多くのインプットを行うことが大切なのです。

英会話スクールは、かつて無いほどの勢いで増えています。既存のスクールから新規に開校されるもの、また、インターネット回線を用いてレッスンを行なう「ウェブ英会話」等、スクール形態も多様化が進んでいます。 多様化が進む中、必要になる授業料にも価格差がでています。通常のスクール等で受けるレッスンは、日本人講師の場合で月1万円前後必要になります。ネイティブ講師の場合は、倍の2万円から2万5千円程度になります。いずれの場合も、プライベートでの価格になります。グループレッスンでは、授業料を抑えることが出来ますが、今日ではプライベートレッスンを行なう方が大半を占めます。 一方、新規開校のスクールでは、低価格な授業料を設定しています。既存のスクールよりも、数千円安くするなどの工夫を行なっています。 そして近年、急速に普及し始めている「ウェブ英会話」等は、更に低価格で授業を提供しています。1回あたりにすると、500円前後から1000円前後になります。 真の英語力が必要とされる今日、英会話スクールは多様化し、一層身近な存在になると考えられています。