丁寧とユーモアの融合

自習室

ビジネス英語の自己紹介で好印象を持たれるのは、まずやはり丁寧な対応ときちんとしたビジネス英語です。英語にも敬語にあたるものがありますし、ビジネス英語でも上手く使っていきましょう。日本人は外国人に対しても丁寧な対応でもちろんそれが好印象にもつながっているのですが、相手によってはもう少し距離を近くに感じたいと思う人も多いようです。そういったことがあれば即座に感じ取りあくまで礼儀正しさは残しつつも少し余裕のある感じで接するようにすると印象が良いでしょう。外国人はビジネスでも快適な距離感のとれる相手に好印象を持ちます。日本のビジネスマンは距離感が図れず誤解をされたりして損をする場面が多いようですから、自己紹介も多少はユーモアを交えて距離感を図るなど固すぎる印象だけではなく別の面も見せられると良いでしょう。

ビジネス英語での自己紹介でのポイントは日本語と同じなのですが英語になると難しいという人も多いようです。当たり前のことばかりですがいくつかポイントを話すと、まず自己紹介の際はどの言語でも自信を持って話すことと聞いている一人一人の目を見ながら話すことです。たとえ英語で言葉がつまってしまっても伝えようとしていれば相手にもその気持ちは伝えられます。英語にあまり自信がない人はゆっくり過ぎない程度に丁寧に話すのも相手にとって聞き取りやすいでしょう。また、ポジティブなことしか言わないというのは日本語でも同じです。それに加えて多少のユーモアを自分なりに付け加えると好感度がアップします。趣味や家族のこと、休日の過ごし方などを最後に一言付け加えると堅苦しくならないのでオススメです。